• 1/6PAGES
  • >>

2011年9月4日:阪神VS横浜

なんと、今の時期にして、今年初めての甲子園突撃。

今年は腰痛との戦いもあり、全く行けず・・

で、やっと、行ける状態になったんやが・・


なかなか最悪の試合でおまった。

過去に数多く観戦した中でもトップクラスの最悪の試合でおまった。

雨に濡れまくりーの疲れまくり&何の盛り上がりもなく、

長時間雨の中待ちぼうけのオプション付き負け試合観戦

って感じぃー。


20分遅れで試合開始

途中40分中断

そして8回降雨コールド

2−0の負け。


ちょーーーーまじで、

全然おもんないんですけどーーーー。

って感じぃー。


お盆に淡路島

既に秋の気配もありますが・・

あけまして、おめでとうございます。


いやぁー、なんか1年近く未更新でおました。

そんなに更新してない感じは無いんやけんど、未更新でおまった。


さて、お盆休みの13日、14日に淡路島の洲本に行ってきまった。

一昨年は、じゃのひれのコテージに泊ったが、今回は保養所のような宿泊先。

ホテルでもない、民宿でもない、なんか、ちょっと古めのマンションが

丸ごと保養所になってるような所で、えーと、普通に「家」って感じ。

冷暖房完備で一人一泊三千数百円と格安なので、泊るだけなら十分。

ただ難点は風呂が21時までというところ。

また利用する時があれば、この点要注意で予定を立てるナリ。


朝、9時半頃に出発して、渋滞から逃れるために、山道を走り、

有馬口から7号神戸線に入る。

淡路ハイウェイオアシスに付いたのが、11時半頃。

普通に中国自動車道で渋滞無しで走った場合に比べて1時間ぐらい余計に

時間がかかったが、お盆なので、ま、しゃーーーーない。


ここで昼飯を食べたが、ここは選べる食事が少ない。

初めてやったんで、一応、食べて見たが、味はまぁーまぁー。

ただ、選択肢を多くしたいなら、絶対SAをオススメする。


昼食後、炬口までドライブがてら海岸線沿いを走り、

炬口漁港横の小さな砂浜で水遊び。


その後、宿泊先にチェックインして、一休み後、

夕方5時頃から炬口漁港の小波止で小アジでも釣ろうと思って洲本のまるはで餌を買って釣行。

1時間程で結果32匹。

コンスタントに連れて、みんな、まぁーまぁー喜んでた。

んがしかし、時間が・・・

風呂が9時に閉まるので、慌てて宿舎に帰ってギリギリの時間に入浴。

それから、夕食。

さて、外でのんびり食べようと車を走らせたが・・

利用しようと思ってた店が、なんと21時で閉店。

近辺の店も21時まで。

え?9時で閉店?!!

マジかいや!

んでもって、慌てて店を探しても見つからず・・

結局、近辺の開いてたスーパーに行って適当に食う物買って宿舎で夕食。


夕方に釣りの予定を入れたのが間違いだったのか、

その前後に問題があったのか、


どちらにしても・・・

大失敗・・・

そんな早い時間に店が閉まると思ってへんかった。

実に調査不足でおました。


翌日は,朝マックを食べて、そのまま淡路国立公園へ。

ここで一日中遊ぶどー。と思ったのも束の間。

強烈な暑さのため、そこそこ遊んで昼過ぎには撤退。

帰りに淡路SAで飯食うっちゅう事で、ぐるっと回って東浦ICから高速に乗った。

(淡路国立公園から淡路IC→淡路SAには行かれへん)


帰りは、ちびっと混んでたが、

たいした渋滞も無く、中国自動車で帰った。


いやぁー、なんか、疲れた。



要注意

 淡路SAの上下は行き来できるが、

 淡路ICから淡路SAへは入れまへーん。



10月17日 阪神 対 読売 CS第2戦&最終戦・・

「クライマックスシリーズ:阪神 vs 読売」
第2戦、甲子園へ突撃してまいりまった。

さすがに、ちょ〜満員。試合開始30分前にもかかわらず、ほぼ満員。
いつもなら、オレンジシートあたりはパラパラ空席もあり、席が埋まっても試合開始10分ぐらいしてからって感じやが、さすがに今日は試合前から、全席ちょ〜満員。
喫煙ルームでもいつも以上に歓声があがるほど、皆々様テンション高め。

さて、読売の先発は朝井・・・ 内海やのぉて朝井。
内海対策として外野に右打者並べとるのに、肩すかしで朝井。
阪神ファンから見れば、完全に余裕こかれての朝井先発って感じ。
こっちは今や完全にエース格となった久保。
中継ぎ&抑えがハナクソ状態のため、久保が完投すれば間違いなく勝てそうな気がする。

1回からボルテージ最高潮でガンガン攻めて、あっさり2点先行したが、そのままあっさり朝井は初回だけで交代。なんじゃそら!先発させんな!期待させんな!
で、交代して出てきたのはクビ濃厚な元ヤクルト最多勝助っ人のグライシンガー。
ま、ま、流れは完全にこっち側やったんで、中盤まで完全に勝ちムード。

と・こ・ろ・が、久保交代から悲劇が起こる。

この「久保交代からの悲劇」は、今年の阪神のオハコである。毎度お馴染みである。
レギュラーシーズンと変わりなく、見事にこの悲劇がきっちり最後にも起こる。

まさか、7回3点(久保田さん)、8回2点(球児さん)たった2回で5点もプレゼントするとは・・
平野さんのエラーそして失点、ファインプレー、タイムリー、エラーそして失点というわけわからん独り舞台があったにせよ、終盤に「逆転の5点をプレゼント」というあいかわらず愉快な幕切れとなってもた。
(平野さん派手さはいらんから普通でえぇよ。関本さんの堅実さを見習ってくさーい)

まぁ・・今年の阪神って感じやね。

っちゅうわけで、今シーズンほんまの最終試合となりまった。
おつかれちゃ〜ん。また、来ね〜ん。阪神ファンの皆様方、良いお年ぉ〜。


9月19日 阪神 対 読売 天王山のハズやのに・・

残暑厳しいかと思いきや意外と涼しい日でございました。
先発は、今期限りでクビ濃厚なメッセンジャー。
相手先発は、読売のユニフォームが全く似合わない藤井君。
数日前までは、今期最大の大一番になると思われた3連戦やが、落合中日がスルスル〜っと抜け出して、2位 VS 3位というマヌケな一戦となってもた。

さて、その試合。
メッセンジャーが1回2死一二塁から「5点」というサプライズプレゼント。
原さんには、さぞ喜んでもらえたかと思います。

〜終了〜

マートン、ブラッズの単発等で追い上げはしたものの、初回の素敵なプレゼントが全て。
追いつかず6−4で完敗。
この試合の前後は勝っとるだけに、残念でおま。

さて、シーズンも終盤。
恐怖の名古屋ドームでぎっりぎり3連敗を避け、一縷の望みを繋いだ阪神。
後の試合は全部勝たんと厳しい状況やが・・

とりあえず・・えーと、

「ガンバレ!ガンバレ!スワローズ!」
「GO!GO!スワローズ!!」
「絶対勝つぞ!スワローズ!!!」

2010年7月25日のくっそ暑い日曜日

2010年7月25日のくっそ暑い日曜日
ここ最近、フィシングマックの釣果速報で豆アジ&サヨリフィーバーという情報が踊っとる。っちゅう事で、芦屋浜へ行ってみた。

実は、2週間程前から腰痛すべり症とか腰痛分離症とかいう腰痛に悩まされ、普通に歩く事さえ苦しい。長年ふんぞり返って座る悪癖があるんで、どんどん姿勢は悪くなり、ついに第四腰痛、第五腰痛を中心に腰骨が悲鳴を上げだした。

激痛発症から2週間以上経過した今でも、同じ姿勢で数十分座っとると、次に立ち上がる時にググググーーーっと下に押さえ込まれるような痛みがある。

保険の効かない整体へ通い詰め、財布と体が悲鳴をあげ続けている中、なんとかなるさーっと芦屋浜へ釣行してみた。

早朝4時半出発という事で、TAさんと待ち合わせというか、4時半に家を出ると、既に家の前に停車され、いつでも出発スタンバイOKという状態。

荷物を入れ、家族を入れ、あ・・乗せ、前日暑さ対策用に購入したワンタッチテントを玄関に置き忘れ、期待に胸膨らませ、腰に手を添え、出発。
前日は芦屋サマーカーニバルとやらがあったんで、市営駐車場は今日も閉鎖。
ミズノの駐車場へ到着したのが、餌買ったりやらなんやらで5時半ぐらい。

なかなかの混み具合やが、太刀魚フィーバー時と比べると大丈夫。なんとか釣り座を確保して、とりあえず家族はアジ。自分はサヨリ狙いでスタート。アジはフィシングマックの釣果速報の信用度が落ちるぐらい数が少ない。どう考えても大きい群れが回っとる程ではない。豆アジ&極小豆アジ&ミニミニセイゴ&ボラの稚魚がパラパラと釣れるぐらい。
そこそこの群れが回ってきた時は、当たり前のように鈴なりに釣れるのがサビキ。
この日の速報でもジャンジャン釣れまくるように書かれとる。そう考えると、フィッシングマックの情報は、まぁ、ちょっと大袈裟な情報ジャロと言わざるとえないジャロ。

サヨリの方は、朝・昼問わず、アタリさえしっかり捉えればコンスタントに釣れる。
サシアミさえあれば、しっかり集中すれば釣れる。こちらは、それなりの群れが回り続けとる感じやから、カゴに入れる撒き餌もいらーん。それよりパシっと素早くあわせる事が大事。
しかも、今、回っとるサヨリ。サヨリにしては・・でかい。30オーバーが普通に混ざる。このサイズになると、ひょろひょろのくせに、ひらべったくない&ちびっとパワフルでおもろい。

10時半頃、納竿して釣果はこちら。
芦屋浜2010年7月25日
サヨリは途中休憩もしとったんで、3時間ぐらいでも、みっちりやりゃ20匹ぐらいは釣れそう。

7/1(木) 阪神VS中日:一気に爆発するやね。

7/1(木) 阪神VS中日

平日でありんすが、甲子園に突撃。
仕事をさくっと終え、現地到着したんが1回裏ぐらい。
今回はライトのすみっちょで応援したんやが、リリーフカーが通るところの横にあるアミが邪魔で試合が見づらい。んがしかし、7時半ぐらいになっても横っちょの席がいくつか空席のままやったんやで、ラッキーっちゅう事でちょいずれて観戦。

んでもって、試合内容は・・・
よしみさんVSアンドゥゥゥゥの投げ合いで終盤まで1−0っちゅう、しょぼしょぼの試合展開。んがしかし、いきなり打線爆発。
マートンのタイムリー、新井のタイムリー、最後に城島のドカン!
最近の虎打線はいきなり爆発しよるね。
油断して見てられん。

最後の爆発でスッキリ気持ちよぉー終われた。

んが、ただ、一つ。
「桧山に代えて浅井」はやめてくれ。
真弓のアーーーーーーーーーーホーーーーーーーーーーー。

5/15(土) 阪神VS楽天:ブラッズ、ナイキャッチ!

5/15(土) 阪神VS楽天

ちょー満員&ちょーー寒ぃ球場でおました。
いや、試合やのぉて、普通に寒かった。

アルプスの上段付近やったんやが、風が冷とぉて昼間の感覚で観戦に行ってえらい目におぉてもた。甲子園開幕戦より、全然寒かった。

さて、試合の方はおよびでない岩隈君が楽天さんの先発。
岩隈君、マー君、ダル君、涌井君、杉内君などのスーパースターは読売相手にしときゃーえぇのに。この日の相手は岩隈君。あーーやだやだ。

こっちは50球限界説濃厚なフォッサム。

きっつぃ試合の予感がしたが、微妙にラッキーな展開&フォッサム早めの交代も功を奏してなんとか8回まで2−1で勝っとる。
んでもって8回裏に値千金!ブラッズのライトポール際へ弾丸ライナーホームラン!これが効いたねぇ。

9回に球児がらしくない状態で1点を取られ、なお2、3塁で一打逆転のピンチにまたしてもブラッズが大活躍。

鳥谷から嫌がらせのような超難しいハーフバウンドを投げられるも、見事にまぐれキャッチ!
あれはお見事!としかいいようがない。同じ球を投げられても狙って取れる事は一生ないんちゃうか。

どう考えても、この最後の超ファインプレーだけでもこの日のヒーローはブラッズやと思ぉたが、ヒーローインタビューで出てきたのはフォッサム&平野。

フォッサムはまだよぉわからんが、平野は腰が低いやね。インタビューの後、外野をぐるっと回って帽子を脱いで順番に一礼しとった。こういうのはファンにエェ印象与えるやねぇ。

なんのこっちゃ・・

2010ゴールデンウィークど真ん中の平磯

2010年5月3日:お馴染みの平磯海釣り公園へ釣行

朝6時から開門っちゅう事やが、このGWのド真ん中・・
クソ混みなのは誰が考えてもわかる事。っちゅう事で、
5時45分ぐらいには現地に着くように、4時半出発。

TAさん家の車に同乗させてもらい、途中餌を買ったりやらなんやらで、ほぼ予定通りの時間に到着。開門前に着いたにもかかわらず、既に結構な人が釣りを始めとる。一体何時に開門しとんねん?


ま、ま、それでもまだ開門予定前に入ったので、まだ人は少なめ。きっちり釣り座を確保して釣り開始。今日の狙いはメバル。家族揃ってメバルを狙うが・・てんで釣れん。釣れる気配すらなし。
底一杯を狙ってなんとかチビガシラを釣るのが精一杯。

そうこうしとるうちに人・人・人。周りを見回すと釣り公園一杯にぎっしり人が入る。少しでも隙間があれば、なんとか入り込もうと虎視眈々の新手の釣り人が参入してくる。

魚の数より人の方が・・というありえへーーん事を言う人もおるが、そう思いたくなるほどの群集。なんとか嫁さん&娘コンビが24センチぐらいのウミタナゴを釣って一応釣果らしいもんになったが、厳しい釣果となりまった。



姫路セントラルパーク&東条湖おもちゃ王国の3


なんやかんやで、ほぼ1日中遊んだから、ホテルに到着した時には、みんなお疲れ気味

夕食が6時からか7時半からのどっちにかにしてくれとホテルに言われたんで、7時半まで待つのは、ちと長いっちゅう事で、6時からにした。

なんや知らんけど、混んどるらしくて、前回食べたマジョリカってとこやなくて、もいっこの方の店に案内された。料理の内容は一緒らしいが、マジョリカの方が店は広いし、並べられた料理も出来立てほやほやっぽい。

最悪やったのは「あつあつ天ぷら」と題したおすすめ料理。
楽しみにしてたのに、全部冷え冷えの冷たい天ぷら。なんか残り物の天ぷらを様子を見ながら店員さんが並べなおしてるだけって感じ。「あつあつ天ぷら」が聞いて飽きれるど!
 翌朝はマジョリカにて朝食バイキングやったが、やっぱりこっちの店の方が全然良い。

いやぁ〜、前回泊った時のイメージが良かっただけに、残念。

と言いながらも腹一杯飯くって、大浴場へ。ほんの半年前に来とるから、特に驚く事も無く、前回同様、檜風呂を中心に全湯船に入って遊び疲れた体を癒す。


翌朝、6時半ぐらいに起きて、朝風呂へ。さっと入ってすっきりした後、マジョリカで朝食バイキングを和・洋・和と次々に死にかける程、食う。



10時チェックアウト後、いよいよ東条湖おもちゃ王国へ。

■家族揃ってほがらかに記念撮影


いやぁ〜、下の娘がちょー気に入ったみたい。

ぎょーさん乗り物乗った。乗った。乗った。

■ハンドル持って、楽しそうだぁ


基本的にメリ〜ゴ〜ランドやパオパオみたいな姫センで乗った乗り物に近い乗り物に乗ったが、わんぱくジェットコースターみたいなやつにも乗った。上の娘は嫌がってたが、下の娘が乗るっちゅう事でしぶしぶ参戦。

甘くみていた下の娘が、すこーしだけ捻りながら下って行くスピードの出る部分で、生まれて初めての「キャーー!」を絶叫。横に乗っててこの自然に発した生まれて初めてのキャーー!は、おもろかった。


なんやかんやようけ遊んで、この東条湖おもちゃ王国を出たのが4時頃。



さて、ここまでは順調。っちゅうか、後は帰るだけ。

んがしかし! こっからが大変やった。

帰りの中国自動車道がババ込み。普通やったら40分ぐらいで着くのに、3時間半ぐらいかかった。

宝塚付近でどなたかが事故ったらしぃ。事故渋滞である。13キロ渋滞であった。苦痛であった。最悪であった。


4時過ぎに現地を出て帰宅が8時前。

おつかれっした。

っちゅう事で「姫路セントラルパーク&東条湖おもちゃ王国」・・おしまい。


姫路セントラルパーク&東条湖おもちゃ王国の2

ハイ、到着。


すっとんと落ちるフリーフォ〜ルとか、なんか天地くるくる回るうるさい奴とか、足ぶらぶらでギャーーーって奴は基本的に家族全員キライ。なもんで乗るのは、メルヘンチックなメリ〜ゴ〜ランドとか、かわいらしぃパオパオさんとかがメイン。あとは、ゴーカートやボートを乗るぐらい。


■こんな感じのほのぼの系がお好みらしぃ。


んがしかし、今回は上の娘が思い切ってド迫力のイモリンスに挑戦した。ちゃりんこで坂道を下るようなスピード感たっぷりの危険な箇所が一カ所だけある、超ド迫力のイモリンスを見事攻略!

■行くど!イモリンス!



■キャー!まるで自転車みたい!のど迫力!!


・・さて
気球みたいな奴がくるくる回る奴は、なんか知らんけど、ほんまに怖かったらしぃ。
遠心力が強い奴はあかんらしぃ。


エンジン付きのなかなか思い通り真っすぐに進まんボートは、池がちびちゃすぎ。ちびこぃため池の中でちまちま走る感じなんで、爽快感は0。子供はそれでも、まぁまぁ楽しかったっぽいけど。

何故か最後にプリクラを撮って、姫セン終了、4時半頃出発。


今度は東条湖へ向かう。

およそ6年前の地図情報が入ったカーナビに従って走ると突然道が消えとるハプニングもあったが、方向があってりゃ着く。っちゅう事で夕方5時半頃にホテルに到着。


ここの楽しみは夕食のバイキング。

昨年食った時は、なかなか美味かったんで、今回も楽しみに。


また文章長くなって疲れた・・ つづく。

ページトップへ戻る▲