• 1/3PAGES
  • >>

2011年9月4日:阪神VS横浜

なんと、今の時期にして、今年初めての甲子園突撃。

今年は腰痛との戦いもあり、全く行けず・・

で、やっと、行ける状態になったんやが・・


なかなか最悪の試合でおまった。

過去に数多く観戦した中でもトップクラスの最悪の試合でおまった。

雨に濡れまくりーの疲れまくり&何の盛り上がりもなく、

長時間雨の中待ちぼうけのオプション付き負け試合観戦

って感じぃー。


20分遅れで試合開始

途中40分中断

そして8回降雨コールド

2−0の負け。


ちょーーーーまじで、

全然おもんないんですけどーーーー。

って感じぃー。


10月17日 阪神 対 読売 CS第2戦&最終戦・・

「クライマックスシリーズ:阪神 vs 読売」
第2戦、甲子園へ突撃してまいりまった。

さすがに、ちょ〜満員。試合開始30分前にもかかわらず、ほぼ満員。
いつもなら、オレンジシートあたりはパラパラ空席もあり、席が埋まっても試合開始10分ぐらいしてからって感じやが、さすがに今日は試合前から、全席ちょ〜満員。
喫煙ルームでもいつも以上に歓声があがるほど、皆々様テンション高め。

さて、読売の先発は朝井・・・ 内海やのぉて朝井。
内海対策として外野に右打者並べとるのに、肩すかしで朝井。
阪神ファンから見れば、完全に余裕こかれての朝井先発って感じ。
こっちは今や完全にエース格となった久保。
中継ぎ&抑えがハナクソ状態のため、久保が完投すれば間違いなく勝てそうな気がする。

1回からボルテージ最高潮でガンガン攻めて、あっさり2点先行したが、そのままあっさり朝井は初回だけで交代。なんじゃそら!先発させんな!期待させんな!
で、交代して出てきたのはクビ濃厚な元ヤクルト最多勝助っ人のグライシンガー。
ま、ま、流れは完全にこっち側やったんで、中盤まで完全に勝ちムード。

と・こ・ろ・が、久保交代から悲劇が起こる。

この「久保交代からの悲劇」は、今年の阪神のオハコである。毎度お馴染みである。
レギュラーシーズンと変わりなく、見事にこの悲劇がきっちり最後にも起こる。

まさか、7回3点(久保田さん)、8回2点(球児さん)たった2回で5点もプレゼントするとは・・
平野さんのエラーそして失点、ファインプレー、タイムリー、エラーそして失点というわけわからん独り舞台があったにせよ、終盤に「逆転の5点をプレゼント」というあいかわらず愉快な幕切れとなってもた。
(平野さん派手さはいらんから普通でえぇよ。関本さんの堅実さを見習ってくさーい)

まぁ・・今年の阪神って感じやね。

っちゅうわけで、今シーズンほんまの最終試合となりまった。
おつかれちゃ〜ん。また、来ね〜ん。阪神ファンの皆様方、良いお年ぉ〜。


9月19日 阪神 対 読売 天王山のハズやのに・・

残暑厳しいかと思いきや意外と涼しい日でございました。
先発は、今期限りでクビ濃厚なメッセンジャー。
相手先発は、読売のユニフォームが全く似合わない藤井君。
数日前までは、今期最大の大一番になると思われた3連戦やが、落合中日がスルスル〜っと抜け出して、2位 VS 3位というマヌケな一戦となってもた。

さて、その試合。
メッセンジャーが1回2死一二塁から「5点」というサプライズプレゼント。
原さんには、さぞ喜んでもらえたかと思います。

〜終了〜

マートン、ブラッズの単発等で追い上げはしたものの、初回の素敵なプレゼントが全て。
追いつかず6−4で完敗。
この試合の前後は勝っとるだけに、残念でおま。

さて、シーズンも終盤。
恐怖の名古屋ドームでぎっりぎり3連敗を避け、一縷の望みを繋いだ阪神。
後の試合は全部勝たんと厳しい状況やが・・

とりあえず・・えーと、

「ガンバレ!ガンバレ!スワローズ!」
「GO!GO!スワローズ!!」
「絶対勝つぞ!スワローズ!!!」

7/1(木) 阪神VS中日:一気に爆発するやね。

7/1(木) 阪神VS中日

平日でありんすが、甲子園に突撃。
仕事をさくっと終え、現地到着したんが1回裏ぐらい。
今回はライトのすみっちょで応援したんやが、リリーフカーが通るところの横にあるアミが邪魔で試合が見づらい。んがしかし、7時半ぐらいになっても横っちょの席がいくつか空席のままやったんやで、ラッキーっちゅう事でちょいずれて観戦。

んでもって、試合内容は・・・
よしみさんVSアンドゥゥゥゥの投げ合いで終盤まで1−0っちゅう、しょぼしょぼの試合展開。んがしかし、いきなり打線爆発。
マートンのタイムリー、新井のタイムリー、最後に城島のドカン!
最近の虎打線はいきなり爆発しよるね。
油断して見てられん。

最後の爆発でスッキリ気持ちよぉー終われた。

んが、ただ、一つ。
「桧山に代えて浅井」はやめてくれ。
真弓のアーーーーーーーーーーホーーーーーーーーーーー。

5/15(土) 阪神VS楽天:ブラッズ、ナイキャッチ!

5/15(土) 阪神VS楽天

ちょー満員&ちょーー寒ぃ球場でおました。
いや、試合やのぉて、普通に寒かった。

アルプスの上段付近やったんやが、風が冷とぉて昼間の感覚で観戦に行ってえらい目におぉてもた。甲子園開幕戦より、全然寒かった。

さて、試合の方はおよびでない岩隈君が楽天さんの先発。
岩隈君、マー君、ダル君、涌井君、杉内君などのスーパースターは読売相手にしときゃーえぇのに。この日の相手は岩隈君。あーーやだやだ。

こっちは50球限界説濃厚なフォッサム。

きっつぃ試合の予感がしたが、微妙にラッキーな展開&フォッサム早めの交代も功を奏してなんとか8回まで2−1で勝っとる。
んでもって8回裏に値千金!ブラッズのライトポール際へ弾丸ライナーホームラン!これが効いたねぇ。

9回に球児がらしくない状態で1点を取られ、なお2、3塁で一打逆転のピンチにまたしてもブラッズが大活躍。

鳥谷から嫌がらせのような超難しいハーフバウンドを投げられるも、見事にまぐれキャッチ!
あれはお見事!としかいいようがない。同じ球を投げられても狙って取れる事は一生ないんちゃうか。

どう考えても、この最後の超ファインプレーだけでもこの日のヒーローはブラッズやと思ぉたが、ヒーローインタビューで出てきたのはフォッサム&平野。

フォッサムはまだよぉわからんが、平野は腰が低いやね。インタビューの後、外野をぐるっと回って帽子を脱いで順番に一礼しとった。こういうのはファンにエェ印象与えるやねぇ。

なんのこっちゃ・・

4月6日〔阪神VS読売〕の甲子園開幕

4月6日〔阪神VS読売〕の甲子園開幕戦
仕事をちゃっちゃと終わらせて突撃!
っちゅうても、到着したのは6時半ぐらいで回は既に2回裏終了間際。

先発は能見VS藤井(元ヤクルト)っちゅう事で、読売に強い能見なもんで若干期待してみる。 んがしかし、平野のガッツあるプレーでさくっと2点プレゼント。
その裏、きっちりお返しは半値返しという事で1点いただく。
んだかなぁーーー。という感じやったが、新井さんがバコ〜ン!金もっちゃんもパコ〜ン!と1発放って、最後は球児でスカッとはいかんかったが、なんとか逃げ切り勝ち。タイムリー・タイムリーといかんかったが勝ちは勝ち。
甲子園開幕しかも相手はナベツネーズ。
甲子園快勝スタートでひとまず「うっきっき」

さてさて・・
それにしても読売の打撃陣は「やっぱり」凄いやね。
近年、最高ちゃうか? と思わせる布陣やね。
ヨシノブ復活&長野が予想以上の活躍しよって、控えに谷、李、亀井て・・調子落としてるっちゅうても全員バリバリのクリ〜ンアップでいけまっせぇー。っちゅうか3番谷・4番李・5番亀井でも違和感おまへんよぉー。
しかも、一昔前の大砲ばっかりやのぉて、坂本・松本っちゅうのがおる。
あーーーーーーーーーーヤだ。ヤだ。気持ちわるぅーーーー。

城島の加入により打線に厚みが出たとお世辞をいただいとる我らがタイガースやが、どう考えても分が悪い。真弓マジックがキラリと奇跡の輝きを見せる事を願うばかりでやで。
JUGEMテーマ:日記・一般

赤星・・お前まで....

 今岡・・

 藤本・・ と続き・・

   あーーーーあ、赤星引退したがな 


矢野への無情大幅ダウン・・も含め、
星野・岡田時代に活躍した主力達が・・
次々に戦線離脱 or 戦力外扱いへと変わっていく・・

常勝軍団っぽかったメンバー達が消えていく・・
いやぁ〜寂しいやね。

金本・シモも来年42歳。どんどん厳しくなる。
ついに、へっぽこ虎時代へと戻るのか・・

だいたいノムさんと舌戦を繰り返し、日本シリーズでめった打ちに

しやがった城島が・・阪神入団っていまだにピンとこんわぃな。


4月7日:甲子園開幕そして突撃。

4月7日、甲子園開幕試合!突撃してまいりました。
・・・って何時の話やねーーーーーーーん。


さて、思い出そう。

真弓阪神の戦いぶりを見に、そして新顔の甲子園を見に、平日にもかかわらず、仕事をちゃっちゃと終わらせ甲子園に突撃。

7回表に7失点というおちゃめな演出のおかげで、凄まじい試合になった。
金もっちゃんの神懸かり的な活躍もあって、お祭り騒ぎで試合終了。

なんとも雑な試合で、こんな試合で勝ち続けるのは難しいとは思うが、
いやぁーーーーー、ラストのサヨナラヒットは気持ちがふわふわ〜っとなって、逝ってしまいそうになった。

席上でぴょん吉のようにぴょんぴょん跳ねて乱痴気騒ぎになったような記憶が微かに残っとるような気がするようなしないような。

おかげで途中の試合経過が全てぶっとんだ


さて、新しいアルプス席、あいかわらずの狭さではあるが、荷物が下に置きやすくなっとった。んで、ケツんとこが、ちびっと凹んで座り易い?ようになっとった。あと、球場内の通路のしょんべん臭さ&タバコ臭さがなくなっとった。もともと内外野のようなスペースが無いんで売店の数は少ないが、それなりに全体的にキレイになっとった。

特筆すべきなのは、無音モニターがある静寂な喫煙ルームが出来た事。
私のように、タバコ吸う奴はさっさと死んでくださいとばかりにモクモクとした部屋に閉じ込められますのでご注意くださいませ。

ども!おつかれっした!!

あーあ。あーーーあ。あぃーーーーーーーーーん。

さすがは阪神タイガース。
ここ一番の弱さが、もんすごぉー魅力的だ。

初夏の頃の話が今年の出来事とは思えんようになってもた。
大巨人軍の怒濤の快進撃に見事、蹴飛ばされちまった。
ゴール直前で小笠原・ラミレス・韓国人にぼこぼこにされた。

ポンポンキリキリ痛い痛ぃ。(><)

それにしても、いくらなんでも直接対決7連敗はあかんわな。
優勝争ってる相手に7連敗っちゅうのは、きっつぃわなぁ。

勝負事にタラレバはあかんのは百も承知やが、2勝5敗、最悪1勝6敗でもえぇのに。
7ゲームもプレゼントしたらあかんでぇ。
あまりにもビッグプレゼントやで。

大一番前のヤクルト戦でもっとどうこうという話も聞くが、何にしても直接対決7連敗で優勝っちゅうのもこっぱずかしぃお話。
あああああああああああぁ・・さすがは我らが阪神タイガースだぁ。

強い強い阪神に慣れてきてもぉたんで、ついつい欲張ってまうが、クソ時代に比べたら楽しい楽しい。
楽しいもんやでーー。(><)

怒濤の追い上げしても結局届かず。
大逃げ売ってもラストゴール直前で見事にかわされる。


相変わらず愉快なチームだぜ!!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。(><)

MADA43

7/27(日)対中日戦。
酷暑のナイトゲーム。甲子園へ突撃。
対中日戦連勝中のため、そろそろやられるかも・・
            一抹の不安を持って突撃。

夏休みっちゅう事もあって家族連れで超満員の甲子園。
いつもなら3塁アルプス上段あたりにちらほら空席も見えるが、さすがに夏休み休日の甲子園。
ほんま、ファン様々やで。
球団もうちょいファンに何か還元する催し考えなあかんで。

さて、試合は金村・山本の子供が楽しめない投球術により緊張感のある試合展開。途中、照明の一部が消えて突然、試合中断になり・・ っちゅうか中断せなあかん程、暗くなかったど
あー、ほんまや。言われてみたら、あっことあっこあたりが消えとるわ。っちゅう感じで、球場を見てる限り消えてない照明&まだ空はやや明るい状態で、てんで問題なくできる状態。雨で見えにくい状態と比べると全然普通やし。しょーーむない中断しよるで。

その後の試合はご存知の通り。
そう!「リーソップぐぃぐぃMAX156!」の試合でした。
上半身・下半身バラバラ感でうりゃー!的なもんは感じたが、これで使える変化球があれば期待できそ。

しかし、金村は勝ち運ないな・・
「金村様悲しゃ、渡辺様ご乱投!」

ページトップへ戻る▲