4月6日〔阪神VS読売〕の甲子園開幕

4月6日〔阪神VS読売〕の甲子園開幕戦
仕事をちゃっちゃと終わらせて突撃!
っちゅうても、到着したのは6時半ぐらいで回は既に2回裏終了間際。

先発は能見VS藤井(元ヤクルト)っちゅう事で、読売に強い能見なもんで若干期待してみる。 んがしかし、平野のガッツあるプレーでさくっと2点プレゼント。
その裏、きっちりお返しは半値返しという事で1点いただく。
んだかなぁーーー。という感じやったが、新井さんがバコ〜ン!金もっちゃんもパコ〜ン!と1発放って、最後は球児でスカッとはいかんかったが、なんとか逃げ切り勝ち。タイムリー・タイムリーといかんかったが勝ちは勝ち。
甲子園開幕しかも相手はナベツネーズ。
甲子園快勝スタートでひとまず「うっきっき」

さてさて・・
それにしても読売の打撃陣は「やっぱり」凄いやね。
近年、最高ちゃうか? と思わせる布陣やね。
ヨシノブ復活&長野が予想以上の活躍しよって、控えに谷、李、亀井て・・調子落としてるっちゅうても全員バリバリのクリ〜ンアップでいけまっせぇー。っちゅうか3番谷・4番李・5番亀井でも違和感おまへんよぉー。
しかも、一昔前の大砲ばっかりやのぉて、坂本・松本っちゅうのがおる。
あーーーーーーーーーーヤだ。ヤだ。気持ちわるぅーーーー。

城島の加入により打線に厚みが出たとお世辞をいただいとる我らがタイガースやが、どう考えても分が悪い。真弓マジックがキラリと奇跡の輝きを見せる事を願うばかりでやで。
JUGEMテーマ:日記・一般

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする

ページトップへ戻る▲