淡路島じゃのひれキャンプ場

5月9日・10日
TAさんファミリーと淡路島じゃのひれキャンプ場へ行った。

ゴールデンウィークは予約が取れんかった。んなもんでこの日になったんやが、テレビで蟻が集ったようなクソ混雑ぶりを見ると、逆にゴールデンウィーク後の週末で良かった気がする。
高速スイスぃ。淡路SAスイスぃ。目的地までほとんどスイスぃ。

行きしな立ち寄ったのがイングランドの丘ってとこ。
ぶらぶら歩いて、動物見たり、ゴーカート乗ったり、足でコキコキするボート乗ったりで2時間程度遊んだ後、キャンプ場へ。

なんかよぉわからんが・・爆笑!





じゃのひれキャンプ場へ到着。
キャンプ場もコテージ以外はスイスぃ&ノビノビ♪
コテージ室内の写真・・撮り忘れたんで、ざざーーと思い出してみると、
中に入るとすぐ、左側に一段に大人二人が並んで寝られる幅の広い二段ベットがあって、右側に小さいテーブル&3、4人が坐れるスペースがあって14型ぐらいのテレビがあって、ビジネスホテルにあるようなちびこぃ冷蔵庫があって、風呂・トイレ・洗面がある。ミニキッチンは外にあった・・・て感じぃ〜。


部屋全体はキレイに掃除されてあって、まだ新しいのか木の香りも少し残ってて、なかなか気持ちえぇ部屋やった。

ま、個人的には、寝る時以外ほとんど・・寝る&風呂以外の時間で室内におった時間は10分ぐらいやったんで、あんまり覚えとらん。
昨年、赤穂に行った時は室内におる時間も長かったんやが、今回は釣りキャンのため、ほとんどコテージの中にはおらんかった。

欲を言えばもう少し広さが欲しいかな。
どうせ室内にはちびっとしかおらんのやけど。

さて、現地に到着して、餌が無いっちゅう事で9キロ戻って餌を買い、ちゃっちゃと釣り場へ向かった。じゃのひれフッシングパークという大きい魚の釣り味を楽しむためにある贅沢な釣り堀・・の横にある堤防が釣り場。

しかし、あのお高い釣り堀は横で見ててなんとも・・滑稽
船からザザーーーッとアミで魚を「釣り客の目の前」で入れて、その入れられた魚をみんなで「あ!新しい魚が入った!」と必死に釣る。
また、しばらくすると船が来て同様に繰り返す。

って事で横んちょの幅の広い堤防へ。
んが、しかし釣れん・・
サビキなんぞてんでダメ。
夜にメバリングをしてみたが、アタリも無し。(><)
必死のパッチやったんで、写真も無し。(><)

翌朝、ベラを2匹にハゼ1匹を釣ってなんとかボーズを免れたって感じ。(><)
いやぁ・・おっかしぃーーーーーーーーーーーなぁ・・

んでもって、11時にコテージを出て、鳴門のうずしおへ向かう。

鳴門大橋下の渦潮。向こうに見えるのが、しっこく、しっこく〜。

その後、淡路島牧場に行ってみたが、ここではなんもする事なく、ちらっとぶらぶらして退却〜。


どこに行っても混雑する事なく、キャンプ場もコレージも綺麗で文句無しでした。ただ・・釣果が伴わずっちゅうのが痛恨のキャンプ?でおました。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする

ページトップへ戻る▲